心のマッサージ

松カウンセラーの日記

傾聴の真髄「語るに遅く、聴くに早く」

2016-11-05 13:06:32 | 日記
  「語るに遅く、聴くに早く」「耳は2つ、口は1つ」「一度語る前に二度聞け」「言多きは品少なし」「沈黙は金、雄弁は銀」などに表されてるように、いかに聴くことが大事であることかを語っています。仏像を見ると、耳が大きく口の小さい像が圧倒的に多いそうです。
  同じように多弁な聖者(聖賢)はいません。聖者は、己を人に分からせる必要がないからです。聴くことは、率直にいって疲れる作業です。なぜ?私たち人間のDNAは「話がしたい」というようにセットされているからです。聴き上手になるということは、相手の気持ちに寄り添い気持ちを負担に感じず、こちらから話したくないような訓練が必要です。
  こう聴けば「傾聴」はいかに難しくやりがいがあるかわかります。傾聴のできる人は「心の偏差値」が高い人のようです・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「笑われるくらいでちょうど... | トップ | 「願ったもの」よりも幸せを... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。