心のマッサージ

松カウンセラーの日記

サイレントボイスを聴く挫折

2017-05-12 12:25:12 | 日記
  心の病や挫折を経験した人は、心のアンテナが高く一瞬にして「本物か偽物か」見分けます。私は30年前、 「お前には話を聴かれたくない」と言って席を立たれた どん底経験があります。20代の私は何故?と思いましたが理由が分かりませんでした。先輩に「ハート(覚悟が決まってない)」がないからと言われました。聴いた瞬間「えー何なに~???」と頭がフリーズしました。それから年数の挫折を重ね漸く「聴く側が裁いたり動揺して温もりがなければ、語り手は信用もできないし安心もできない」ということが徐々に分かってきました。
  感情(心・キモチ)を聴く場合は、まさにビーイング(どんな人も尊重され価値がある存在)なしには、葛藤や問題の背景にある本音が聴こえてきません。問題の裏にある「言葉にならない溜息」が聴こえてくると、多くの問題は改善に向かいます。偽物と言われて30年・・・サイレントボイスを聴く挫折を繰り返す経験が続きます・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問題の背景にあるSOSを聴く | トップ | 答えはあなたの中にしかない! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。