心のマッサージ

松カウンセラーの日記

「自分は平均より優れている症候群」

2016-12-10 08:24:23 | 日記
 心の中には「自分は平均より優れている」と思い込みやすい傾向が強く、無意識に比較したり評価することが習慣になっています。例えば「俺はアパート住まいなのにマンションに住みやがって」「あの上司のパワポは分かりづらい」など・・・
ではどうしたら評価が気にならない?「不完全な勇気」「あいまいさを許す勇気」が大事です。例え短所や不完全な部分があっても「あるがままの自分」を受け入れることが大切です。完ぺき主義の人は「もっともっと・・・」と不完全を受け入れず自分を追い込むので自信が持てません。
「評価はその人の個人的意見でしかありません。自分の人格には関係しません」。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族を世話しすぎるとイネー... | トップ | 嫉妬する人は「自分がみえな... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。