心のマッサージ

松カウンセラーの日記

アンガーマネジメント?イライラがとまらない!

2017-06-19 06:24:54 | 日記
  アンガーマネジメント(怒りのコントロール術)では、「べき思考」を知ればイライラの正体が分かります。現実と「べき思考」の乖離が怒りに火をつけます。理想があってそれに足りてない自分でイライラします。べきの境界線を引き直すことです。境界線マップでは「少し違う」が許せることにより「べき思考」が緩んで心に余裕が生まれてきます。「許せる」「許せない」の二択でなく「妥協点(曖昧さを受け入れる器)」をもつよう心がけることです。そして、「許せる」「許せない」を言葉で分かり易く伝えることも効果的です。「なんで・・・」はアンガーマネンジメント最大のNG言葉ですから、「・・・してくれると助かるんだけど」「・・・してくれてありがとう」と「かも連鎖」と「感謝」の言葉を伝えることが大事です。   
  怒りのピークは「6秒」です。怒りが湧いたら6秒間は怒りが通り過ぎるの待つのです。イライラの感情は空気感染するので、「イライラは人から与えられるものではなく自分が生み出すもの」と視点を変えるとイライラの温度が下がります。
  アンガーマネジメントのベースになっている理論に、『ソリューション・フォーカス・アプローチ』があります。これは、「過去は変えられないのだから、過去のことにはこだわらない」、「それよりも、未来志向で、今できることに集中し、最善の結果を目指そう」というものです。これは、交流分析の「過去と他人は変えられない。変えられるのは自分と未来」と通じます。「今ここ」に集中し感謝すると穏やかな人間関係が始まります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴き上手は“ 魔(間)術師” | トップ | 安定した環境で「心」は成長... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。