心のマッサージ

松カウンセラーの日記

最も早く走ったランナーが最も疲れない

2017-04-24 06:21:11 | 日記
  マラソン42.195Kmを走って疲れない人はいません。多くの優勝したマラソンランナーは、最も疲れているはずなのに笑顔で優勝インタビューに答えます。体は極限状態にあるはずなのに決して「疲れた」とは言いません。むしろ笑顔で「楽しく走れました」といいます。
   なぜでしょうか?そこには「充実感」という精神状態が最高の状態にあるからだそうです。「全力でやりきった」という充実感は体の疲れを上回るという証拠です。仕事も同じです。いくら12時間勤務しても疲れないときはそこに「充実感」があるからで、3時間仕事しても周りを気にしたり嫌々やっている時は疲れます。  
  人は誰でも最高の辛さを最高の喜びに変える「充実感」という魔法の力をもっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰でも「人生の不登校」にな... | トップ | 威張っている人は同情より軽... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。