デブと某医の「ひょっこりポンポン山」

【腎がんのメモリー】術後4年半クリアー、【旅行記】トルコ、バルト三国、イタリア、【吾輩も猫である】、【閑話休題】

喪失

2017-05-19 23:19:59 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.

                   ボンボン山(678m 高槻市)より北摂連山を眺む

 どこが芥川賞? 
 庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」が芥川賞を受賞したのは私の学生時代。早速!読んだ感想は「なに?これ!」「どこが芥川賞?」でした。賞のイメージにその前年の丸谷才一「年の残り」、更に数年前の柴田翔「されど我らが日々」のイメージがありました。

 この人は大成しない・・・
 書店に平積みされ映画化され、「芥川賞が変った」と言われました。私はちっとも面白くなく、不遜にも「この人は大成しないだろう」と思い、事実!大成されませんでした。なぜか「愈々70年代を迎えるんだ」との妙な(ワケわからん?)感慨がありました。

  

 スタイル(文体)
 一般演習の教員が芥川賞を話題にしたので「どこを評価されますか?」と訊くと、「スタイル、文体でしょうね」と。なるほど!と思いました。面白くもなかったのに、アレを読んでからというもの、私の書く文章は「赤頭巾・・・」風になっていましたからねぇ。

 庄司薫を読むなら・・・ 
 前記一般(教養)演習は一回生対象に第二外国語の選択でクラス編成されていました。ドイツ語が専門の方で、どうでもいいこと?ながら奥様はピアニストでした。まあ文学好きの教員だったのでしょうね、「庄司薫を読むなら福田章二も読むといいよ」と・・・。
   ※ そう言えば庄司薫のおつれあいはピアニスト中村紘子さんでした。

 芥川賞には寧ろ・・・
 ご存知の方も多いと思いますが、庄司薫と福田章二は同一人物です。芥川賞を受賞する10年ほど前、まだ学生時代に福田章二の名で書いた「喪失」が中央公論新人賞を受賞しました。「赤頭巾ちゃん・・・」よりはるかに短編で寧ろ芥川賞に似つかわしい作品です。

 やはり!「喪失」
 19歳の時に書いた「蝶をちぎった男の話」、20歳の「喪失」、21歳の「封印は花やかに」の3篇から成り、「蝶を・・・」は最も短く、「封印・・・」は最も長い作品です。いずれも似た雰囲気ながら、やはり!と言うべきか「喪失」が最も印象的ではあります。

 特に奨める書ではない「喪失」・・・そのエンディング(抄録)
 『達夫は私の視線のもとで最後的に傷つくだろう。決定的な屈辱感に打ちひしがれるだろう。私は、自から積極的に喪失したのだというささやかなヒロイズムを楽しむだろう・・・午後の太陽は少しも衰えず陽気な熱と光を投げかけていた。私はふと、この太陽が、この庭の明るさが空気が植物が、一時間程前私がこの庭に出て眠気に包まれ始めていた時と全く変っていないということに、驚きの目を見張ったのだった』
 

                           由良川畔にて(京都:和知) 

 喪失・・・。それはなにもかも青春時代に繋がります。しかし、とうにリタイアし、とうに還暦を過ぎ、病気知らずの傲慢な日々からそれなりに命に関わる病を経、無為と有為の狭間にて日々を送りつつ想うのは、つまるところ自身の総てを喪失する・・・最期の光景。


  にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ 

【過去ログ目次一覧】
新聞・TV・映画etc. http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/a7126ea61f3deb897e01ced6b3955ace
吾輩も猫である~40 http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/58089c94db4126a1a491cd041749d5d4
吾輩も猫である~80 http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/dce7073c79b759aa9bc0707e4cf68e12
吾輩も猫である81~140 http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/f9672339825ecefa5d005066d046646f
吾輩も猫である141~ http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/b7b2d192a4131e73906057aa293895ef
かんわきゅうだい(57~) http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/20297d22fcd28bacdddc1cf81778d34b
かんわきゅうだい(~56) http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/a0b140d3616d89f2b5ea42346a7d80f0
閑話休題 http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/c859a3480d132510c809d930cb326dfb
腎がんのメモリー http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/bee90bf51656b2d38e95ee9c0a8dd9d2
旅行記 http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/23d5db550b4853853d7e1a59dbea4b8e
ごあいさつ http://blog.goo.ne.jp/00003193/e/7de1dfba556d627571b3a76d739e5d8c
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« バラが咲いた(かんわきゅう... | トップ | 久留米豊(吾輩も猫である145) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こん)
2017-05-20 00:16:55
デ某さんは早熟で読書家ですね。
あの頃私は無邪気に「赤頭巾〜」でファンになりました。嬉しがって「さらば怪傑〜」も読みましたが記憶にありません。勿論嬉しがって「喪失」も読みましたが急に難しくついて行けませんでした。

弟の友人もファンでしたよ。「美人のピアニストと結婚して」と羨ましがってたのを何故か覚えています。

何か朗読にいい短編があれば教えてくださいね。

今日はお近くのデイサービスで利用者さんの歌の発表会を聞いてきました。閑静な住宅地でした。
Re] コンちゃん (デ某)
2017-05-20 07:17:40
コンちゃん
早速に!コメントありがとうございます

> デ某さんは早熟で読書家ですね。
早熟ではなく 未熟!でした、いつも・・・

> 私は無邪気に「赤頭巾〜」でファンになり・・・「さらば怪傑〜」も読みました
> 嬉しがって「喪失」も読みましたが・・・ついて行けませんでした
他に「白鳥の歌・・・」も ね
赤頭巾も黒頭巾も白鳥も大したことありませんでしたが、「喪失」には惹かれました。

> 弟の友人もファンでしたよ。
> 「美人のピアニストと結婚して」と羨ましがってたのを覚えています。
美人の上に天才! 天は良いものをいっぱい与える不公平を平気でなさいました

> 何か朗読にいい短編があれば教えてくださいね。
それはやっぱりご自分で・・・

> 今日はお近くのデイサービスで利用者さんの歌の発表会を聞いてきました。
よく活動、活躍していらっしゃいます。心から敬意を表します

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。