ワイのもじけたブログやで~

もじけたブログも3年目に入りました。プラモ製作が中心ですが、時には旅行記なども紹介しています。

本日の到着キット(2017-23)「スコードロン1/72 ドイツ軍 円盤型秘密兵器 ハウニブII」

2017年04月23日 19時50分33秒 | 趣味
昨日(22日)見学に行って来た「和歌山ノンフライトクラブ」の展示会報告をアップしようと思っていましたが、本日、入荷遅れのキットが突然届きましたので、先にそのキットの紹介をさせて頂きます。

今日、届いたのがこちらのキットです。(iPhone7を修理に出したので、今回の画像はペンタックスK-S2で撮影しました。)何?これは!と思われるかもしれませんが、「スコードロン1/72ドイツ軍 円盤型秘密兵器 ハウニブII」です。以前、我が拙ブログで製作記をアップしたハウニブタイプのIIと言う事になります。届いてまず驚いたのがその箱の大きさで、これって1/48じゃないのと思ったほどです。箱にはちゃんと1/72の表記がありますので間違いではないでしょうが、前作のハウニブが直径約20cmなのに対し、当キットは35cmあります。前作はスナップキットのような内容で、作り応えと言う点では本格的キットに及ばない内容でしたが、今回のこのキットは本格的スケールモデラーでも十分満足できるキット内容となっています。


梱包箱にはカバーが誂えられており、そのカバーの表と裏の画像です。中々シックな感じで、裏面には機体説明と思われる文章が英語で綴られていますが、あまり良く分かりません。(息子がいれば翻訳してもらえたかも?)

箱を開けた状態です。ほぼ正方形の箱に、ぎっしりとランナーが詰め込まれています。画像にはありませんが、箱が潰れないように、厚紙で補強されていました。

説明書とデカールです。ナイロン袋に入っているのは良いのですが、封印されていて、袋の一辺を切り取らないと中身を確認出来ないのが残念です。切り取ろうかと言う衝動にも駆られましたが、グッと我慢して、製作開始するまではこのままにして置く事にしました。この気持ちはモデラーならご理解頂けると思います。デカールはカルトグラフ製の上質なもので、スワスチカもプリントされています。以下、各パーツ群ですが、画像は某ネットショップから拝借したものです。



外形の円を形成するのはこちらの3枚です。凸リベットがぎっしりととモールドされています。









底面は2枚で円を形成するようになっています。
各パーツ一つひとつが大き目なので、箱を開けた時に思ったほどパーツ数は多くはないみたいです。金型は中国で製作されたようで、箱にはmade in chinaの表記があります。ひょっとして造形村のキットを手掛けている中国の金型専門メーカーではないでしょうか? 何だか造形村のキットと良く似た雰囲気を感じたので、そう思ったまでで、間違っているかもしれません。

これを飛行機キットと呼んでいいのか!と思われる方もいるかもしれませんが、架空機とは言う物の、飛行する事を目的として開発された機体ですので、カテゴリー的には飛行機で良いんでしょうね?(笑) まるで昔のSF映画に出て来そうな機体ですが、架空機大好き人間には早く作りたいと思わせるキットです。このキットの登場とほぼ同時期に、ペガサスホビーからも1/144でキットが発売されるようですが、こちらはパスする事にしました。

これで4月の到着キットは7個となりました。入荷遅れが招いた事ですが、ちょっと買い過ぎですね。とは言っても、まだ今月はキットが届く予定があります。去年の年末に予約した大本命の大物キットがまだ届いていませんが、予定では4月下旬となっているのが気になるし、恐いですね。(国産キットは既に発売日が分かっているので、最低1個は届くと思います。)来月の支払額が怖いです
ジャンル:
模型
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハセガワ1/72 二式水戦製作記... | トップ | 第30回和歌山ノンフライトク... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (日の丸航空隊)
2017-04-23 20:12:32
今晩は。(^^)/
ハウニブ2機目ですね。
前回のキットより精巧な感じを受けます。
機体上部の連装砲が良いですね。

架空機とは言え、当時は真面目に作ろうとしていたみたいです。
聞いた話によると、少し浮かんだそうですね。

工場の場所にもよりますが、米軍かソ連軍が持ち去ったかも・・・
そして、宇宙開発競争に・・・・

何て夢のような事が浮かんできてしまいました。(^^;)
Unknown (0-sen)
2017-04-24 00:09:37
日の丸航空隊殿、早速のコメント有難うございます。
1月に予約した時には、3月発売予定となっていましたが、4月に延期されてしまいました。これはよくある事なので、特に気にしていませんが、それより、集中して届くのが困ります。予算のバランスを考えて予約しているのが、崩れてしまうのが怖いです。
キットは非常に製作意欲の湧く内容で、前作のウェーブのキットがオモチャっぽい内容だったのとは大違いで、本格的なキットになっています。思っていた以上に大きなキットですが、早く製作したい気持ちが強いですね。
二式水戦は、サフ吹きが終わり、白吹きまで終わりました。
Unknown (わかまる)
2017-04-24 08:22:04
0-senさんこんにちは

プラモデルとして製品化されると実際に存在していたと思う人もいるでしょうね。ドイツなら可能性はあるんでしょけど。衛星放送で、ドイツ軍の円盤開発の番組を見た事がありますが、面白かったです。1/72の縮尺も現実味を演出していて完成が楽しみです。

アダムスキー型とは微妙に違う形がリアル感を感じます。
2機目のハウニプ (クラキン)
2017-04-24 08:27:24
ハウニプの2機目ですね。
かなり本格的なキットですね。
こういうのを磁力で浮かせるキットがあるようですよ。
それを仕込めば箱絵のように浮遊させることも可能ではないかと思います。
I型を浮遊させて完成させているのを見たことがあります。ー
Unknown (0-sen)
2017-04-24 22:47:22
わかまる殿、コメント有難うございます。
こう言う架空機や試作機、それに計画機や実験機が大好きな私には嬉しいキットです。実際、どこまで計画が進んでいたのかは知る由もありませんが、ドイツ人の発想の奇抜さ(と言うか、当時の開発者は大真面目)は目を見張るものがありますね。何だか早く作りたい気分にさせられるキットです。
Re:2機目のハウニプ (0-sen)
2017-04-24 22:54:00
クラキン殿、いらっしゃいませ!
前作のウェーブのキットに続く2機目のキットとなりました。前作のイメージがあったので、その大きさに少々驚きましたが、キット内容は本格的な内容となっています。
私も、ウェーブのキットを浮遊させようと、磁石を買って来て試して見ましたが、ものの見事に失敗してしまいました。
これだけ大きなキットですので、浮遊させるのは難しいかもしれませんが、何かうまい案があれば試してみる価値はあるかもしれないですね。
有難うございました。
Unknown (ヒロシ)
2017-04-26 11:09:04
こういうキットは楽しいですね。
架空機なので自由な発想で製作や塗装ができるのも面白いと思います。
こういうキットを真面目にスケールモデルとして発売するメーカーにも好感が持てます。
Unknown (0-sen)
2017-04-26 19:22:28
ヒロシ殿、今晩は!
少し入荷が遅れましたが、私の大好きな架空機が到着しました。諭吉様1枚がすっ飛んで行きましたが、それに値するキットだと思います。オモチャ的な部分もなく、ちゃんとしたスケールモデルとしてキット化されていて、好感が持てます。展示会などに出展すると目を引きそうですね。その前に完成させなければいけませんが…(笑) 早く作りたくてうずうずです。
コメント有難うございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

趣味」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL