林の中の庭

まわりに唐松林が残る敷地で花や野菜を育てたり、
雪の日には家の中で何か作ったり・・・
そんな日々の生活日誌です。

大粒ブルーベリー

2017-07-12 22:39:15 | ちょっとした話
時々

その後 大雨が降る事はないですが、 時々降ったり むわ~っと蒸したりの日々です。

そんな中 ハスカップの収穫もほぼ終わり、 次にフサスグリが色づき始めてきてますが、

ちょうど今頃 里のブルーベリー園が摘み取り開始になるので 年中行事で出かけてきました



今年は 春先の低温が影響して 少々色着きが遅いようで、

いつも行くブルーベリー園では 必要収穫総kgに足りないので お隣のブルーベリー園にも行って 摘み足してきました


そのお隣のブルベリー園オーナーは リタイヤ後のIターンのご夫婦で、おっちゃんの方は 大阪出身だって事で、

ブルーベリー摘みながら 剪定の時期やら 肥料の事やら 色々関西弁で質問したんですが

いつも里で採るブルーベリーは 実家方面で喜ばれる「生食用」にと 大粒のブルーベリーが欲しくて シーズン早々に出かけてるんですが、

一番聞きたかったのは、

「大粒のブルーベリーは 時期的に早いものが多いのか?」って事なんです。


贈答用に里のブルーベリー園で摘み始めて 多分10年くらい経つと思うんですが、大粒の品種は 収穫期が早いものが多いような気がして。。。

確実に収穫出来て 安定した最盛期に収穫したいんですが その頃には大粒は少なくなってきてる事が多いので、


で、その事を聞くと、さすが 1から学んでブルーベリー園を始めたおっちゃんが わかりやすく教えてくれました。



そもそも ブルーベリーは 交配がしやすくて どんどん品種改良されてきたものらしく、

品種改良をするにあたって やはり実は大きく、味は甘く、そして 収穫期は 少しでも早く。。。

っていうのがセオリーなので、『大粒のものは 早生が多い傾向にある』 とのことでした


納得~~

確かに リンゴも顕著にそうだし、果物 野菜もしかり だな~って 頭に刷り込まれました



ブルーベリーは 太陽と水のフルーツだって 趣味園のセンセイが言ってた事もあり、

毎年のこの里でのブルーベリー摘みは 炎天下 大汗かいての一仕事です

まあちょっとでも早生な方が 暑さ マシなのかも~ ですねっ




コンポスト花壇に植えた 赤い花の咲くイチゴ。。。 

人間が食べる前に 虫に食われがちです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流し 完成♪ | トップ | 最強~ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勉強になります (alchemilla)
2017-07-15 23:49:35
へぇ~
新しい品種の方が早生で大きくて甘いのね~
うちの早生は昔の品種だし鉢植えで余り肥料ももらえないので
超小粒です(笑)
でも今、庭仕事しながら摘まんで食べてます

画像の収穫量が羨ましいけどこれ以上増やせないしなぁ~

そうかぁ~、イチゴも虫がライバルなんですね~
家も食べられるけど私が食べる方が多いから許してますけどね
来年はハンギングで育ててみる?
0-chan (alchemillaさん)
2017-07-16 09:43:45
多分 そのalchemillaさんちの早生小粒種と 大粒種を掛け合わせたりしてんでしょうね~
ウチなんか 晩生小粒ですわ~

で、イチゴ 小さいワイルドストロベリーもあちこちで繁茂してますが 
ライバルはチョビワンです
ハンギングは なるほどナイスアイデアよねっ
初見 (らーやん)
2017-07-18 16:03:37
赤い花のイチゴなんてあるんですね
白い花は、赤い実だから… 赤い花は、実が白かったりするんですか
0-chan (らーやんさん)
2017-07-19 23:10:02
まともに大きくなった実が無かったので 中を確認できませんでしたが;
外側が赤い普通の実はなってましたよ~
ピンクの実のイチゴとか 白いくて種が赤いのとか 最近色々ありますもんね~
横に植えた小玉スイカのツルが 絡まってきてました
まだ花も咲きませんが

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。