五月乃家

へい、ご案内!(某師匠のHPをパクってみました)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メロディ・オン・アイス

2012年12月30日 | 日々是好日
今年もあと1日。あっという間の1年でした。
毎年毎年変わらず忙しく過ごしているうちに終わる1年・・・。
これといって大変なこともなかったかわりに、
これといっていいこともなかったかな。
でも、平穏無事に過ごせたので幸せな1年だったのかも。

最近、元音楽家である患者さんのご家族の演奏聴いたり、
元々音楽専攻してたリハビリスタッフの演奏聴いたり、
指田郁也さんのライブに行ったりしていて、
音楽ってやっぱりいいなぁと再認識しています。

若いときじゃないと出来ないことも多い中で、
高齢になったり、全く無縁の仕事をしながらも、
音楽というものは続けられて、ずっと楽しむことができる。
これは老年期に向かっている私にとっては新たな発見でした。

ちょっと刺激を受けたので、ホコリをかぶったままのピアノを
久々に弾いてみたら、楽しくて2時間くらい弾きまくっていました。
練習は嫌いだったけど、ピアノを弾くことは好きだったのよね。
課題のお稽古をした後、「これからは遊びのピアノの時間」と宣言して、
好きな曲を好きなように弾いていた子ども時代を思い出しました。

きちんと練習曲をこなしていくのは苦痛。
でも、好きな曲なら弾けるようになるまで頑張れそう。
スケート曲の楽譜「メロディ・オン・アイス」も買ったけど、
全然弾いてなかったのです。

大人のための教室があったら通ってみようかなぁ。
そうだ、来年の目標にしてみるか!!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12/24マンタ倶楽部落語会@なかの芸術小劇場

2012年12月29日 | 落語
ああ・・・もう5日もたってしまいました。
年末は絶対普段の1.5倍くらいのスピードで
時間が経過しているんじゃないかと。

アウトドア大好き噺家さんたちの報告会的な落語会。
西表島での旅のスライドから始まります。
写真で見てもやはり白鳥さんの自由さが際立ち大笑い。
イリオモテヤマネコが丈二さんに似てるかどうか検証してきた、
ということでしたが、実はぬう生さんの方が似ていたという結果。

スライドでトーク:丈二さん・彦いちさん

「首領が行く!」林家きく麿

「家庭訪問」三遊亭ぬう生

「セマルハコガメの恩返し」三遊亭白鳥

中喜利

=仲入り=

「臼親父」林家彦いち

「リサイクル課長」三遊亭丈二

カラスに狙われたカメを助けたことから生まれた白鳥さんのネタ。
ピンクの白鳥に向けてネタ作りで悩んでた時にひらめいたというので、
これもやはりカメが恩返ししてくれたのだといえましょう。
きく麿さんをこんな風にネタにできるのも白鳥さんならではかな。

中喜利は笑点スタイルのお題なのに、まったくもってグダグダ。
台本がなければこんなもんなんでしょうね(笑)
白鳥さんの答えが適当すぎて爆笑でした。

仲入り時に、きく麿さんのパンチラ倶楽部会員証をいただきました。
きく麿さんの先輩が作られたというなかなか本物っぽい会員証です。
これからは、日々パンチラを目撃するよう精進してまいります。
「1パンチラいただきました!」と報告できるようにね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/24立川志ら乃真打披露公演@東京芸術劇場プレイハウス

2012年12月26日 | 落語
私が志らく一門会に通うようになったきっかけが実は志ら乃さん。
その頃、立川流の噺家さんはほとんど聴いたことなかったので、
志ら乃さんが立川流の扉を開けてくれたようなものです。
その志ら乃さんのお披露目。ゲストがやたら豪華!
会場は立ち見まで出るにぎわいでしたからね~。



さすがに楽しかったです。
口上では皆さん自由に言いたい放題。
談春さんが自分に意見してくれるのは志らくさんだけ、
ってなことを言ってて、ちょっと兄弟愛感じちゃいました。

志ら乃さんをもう真打にしようと思ってたときに、
家元に「あいつの芸は前座だ!」と言われて、
「はい、そうなんですよ」と否定しなかったために、
今になってしまった・・・というのが可笑しかった。

トリに登場した志ら乃さん「もうお腹いっぱいでしょ?」
って、ほんとそうでした。
お腹いっぱいでちょっと睡魔が襲ってきましたもん。
でも、真打らしく立派な火焔太鼓でしたよ。
私は志ら乃さんの変な新作が好きですけどね。

しかしこの後、雀々さんご入院とは!
そんな雰囲気を微塵も見せなかったですけどね。
さんざん談春さんに顔がふざけてると言われて(笑)
「アスパラガスンガスンガスン」聴けて楽しかったー。
一日も早い回復をお祈りしています(__)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/21指田郁也ワンマンライブ~本音+~@duo Music Exchange

2012年12月26日 | LIVE・イベント感想文
「花になれ」いい曲だなぁ・・・
生で聴いてみたいなぁ・・・
ライブあるかなぁ→あった→その日夜勤明け→行く!
というトントン拍子で初めてライブに行ってきました。
若いアーティストなので、客も若い層が多いのかなぁと、
恐る恐る渋谷のライブハウスに行ってみれば、
なんと実にバランスの良い老若男女の客層。
とても居心地の良いライブでしたよ。

私も初だったけど、指田さん自身もワンマンでバンド形式では初らしく、
かなりご本人が楽しんで歌ってるのが伝わってきました。
まだシングルしか出してないものの、すべて自作曲、
そして、すべてピアノ弾き語りで聴かせてくれました。

それぞれの曲がみんなメッセージを持っていて、
歌詞を大事に歌ってる印象でした。
特に「花になれ」とダブルアンコールの「笑ってよ」は、
曲が出来たエピソードが泣けるので涙なしでは聴けません。
彼が歌の持つ力で救われたのと同様、
きっとこの歌で救われる人もいるはず。
私はいま特に病んではいないけれども、
何かあったらこの歌を思い出すかも・・・。

歌はちょいと泣けたけれども、
MCは大好きな鉄道トークで笑ったし、
悩んでやっと買ったiPhone5の話も微笑ましい。
なにしろ、屈託がなくて感じのいい青年です。
娘が彼氏だと言って連れてきたら頑固親父も即OKしそうな・・・。

アンコールでバンドメンバーと揃いのTシャツで出てくるのが夢だったと、
満面の笑顔でTシャツを自慢する姿がとても素人っぽくていい。
そして、ラストでメンバー全員と手をつないでの挨拶も夢だったとか。
確かにいろんなライブでよく見かける光景ですよね。
ダブルアンコールのときには買ったばかりのiPhone5をわざわざ持参。
みんなに見せたかったみたいです。子どもみたいで可愛い。

ファンタジーオンアイスや、NHK杯のエキシビ、
そしてつい先日の全日本では生歌でコラボ。
歌に関する問い合わせが殺到したというし、
ブログの書き込みもすごい数です。
でも、このライブは当日券もあってもったいなかったなぁ。
もっともっとメジャーになってもいい実力の持ち主ですから、
将来、このライブが伝説になることを願います。
次のライブも絶対行きたいと思いました。

※セットリストはご本人のブログからお借りしました↓
MVも貼っときます。


「本音+」

1.bird
2.Colorful
3.仮)うみ
(これもタイトルがまだないんだ。)
4.夕焼け高速道路
5.仮)夏
(さっきのタイトルないやつね)
6.ラブソング
7.明日になれば
8.哀シテホシイ
9.パラレル=
10.ロックスター☆
11.花になれ

Encore

*君が好きで
*music

Encore2

*笑ってよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/14立川こしら真打昇進披露@成城ホール

2012年12月17日 | 落語
会場内は知った顔ばかり(一方的に)
ロビーにいろいろ展示物。口上書きや陳平センセイの直筆原稿も。
一門のお弟子さん以外にも、はだかさんやあこさん、馬るこさんも見かけました。

オープニングトーク:立川志らら

開口一番は設定していなかったようで、
談笑さんがいきなりというのはマズイだろうってことで、
志ららさんが出て、こしらさん爆笑エピソードで会場をあたためます。

『掘の内』立川談笑

談笑さんの堀の内好きなんだなぁ。
立正佼成会が出てきたり、オウムが出てきたり・・・。
あの近くに住んでたこともあるのでよけい笑えます。

『人情八百屋』立川談四楼

談四楼さんの著書は何冊か読んだことあるんだけど、
じつは高座は初めてだったりするかも。
このメンツの中で聴く「人情八百屋」は実にイイネ。

『長短』立川左談次

左談次さんお久~♪
なかなか立川流の寄席行けないので滅多にお目にかかれない。
独演会やってくれたら行くのになぁ。
もう、たたずまいがホント江戸前で素敵なのに、
あんな風に毒吐きまくりで・・・でも落語はやっぱり江戸前で。
久しぶりにこんな面白い「長短」聴きました。

『金明竹』立川志らく

アメリカ人版「金明竹」やっぱり面白いわぁ。
英語訛りが、ホント何言ってんだかわかんなくて、
あんなお客さん来たら私だって慌てるよ。
与太郎に負けず劣らずおかみさんがバカなのもいいな。

=仲入り=

真打披露口上

こしらさん、口上の途中で顔は上げるし、会話しちゃうし、
CDの宣伝もさりげなくしちゃうし、自由です。
師匠方のコメントも、湿っぽくないのがイイ。
でも、やっぱり師匠のこしらさんへの愛情も感じられて、
いいムードでした。なんといっても一番弟子ですもんね。

『お神酒徳利』立川こしら

さすが真打、トリは大ネタできましたね。
集いで聴いたときはなかった決め台詞も入って、
ちょっと進化してましたよ。(途中で名前変わってたけど)
相変わらず占い好きのおかみさんがバカで可愛い。
女中さんが告白に来るところで仕込み忘れて巻き戻し。
この「仕込みを忘れて平気で戻る」ということを
家元がやっていたと、この前TVで志らくさんが話してて、
そういう大物ぶりはさすが大師匠譲りなのかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/12鈴々舎馬るこのCD発売記念口演@新宿文化センター

2012年12月17日 | 落語
深夜寄席のCD制作に奮闘した馬るこさん自身のCDが、
満を持しての発売となりました。パチパチパチ!!

『新牛ほめ』鈴々舎馬るこ

ドクター中松の王国の話、可笑しかったー。
演芸大臣の馬るこさん(笑)
マック赤坂も何かと話題を提供してくれましたよね。
「新牛ほめ」与太郎とおじさんのキャラが濃いです。
次々繰り出されるギャグもパンチが効いてて、
何度聴いても面白い。CD聴いてまた笑いました。

『天使と悪魔』春風亭百栄

この噺今までなかなか聴けなかったのでラッキー♪
そして、もじゃもじゃ頭の百栄ちゃんもお初♪
噺家さんが古典と新作どっちのネタをやるか悩む、
というだけのシチュエーションをよくこんな風にまとめたよね。
「てぇへんなことをしでかそうとしてるのよ」という
オツな小紋を着た天使ちゃんがカワイイ。

=仲入り=

曲芸:翁家勝丸

天井が低い上に、高座の上に座ってだったので、
とてもやりにくそうでした。

『宮戸川』馬るこ

馬るこさん流宮戸川は、下の方も悲惨さはなく、
将棋をやめるという半ちゃんに加えられる責苦が、
思いっきりバカバカしくて笑えます。
霊岸島のおじさんのキャラもいいな。


ロビーでCDの即売サイン会実施。
CDはデザインも可愛くて、3席とも爆笑できます。
暮れの元気なご挨拶にぜひ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/10宮治のきもち ‘躾’@お江戸日本橋亭

2012年12月17日 | 落語
1週間たつと記憶が薄れるもんですねぇ。
ものすごく昔の出来事のような気がします。

オープニングトーク:桂宮治 

『桃太郎』桂竹のこ
 
『弥次郎』『反対俥』桂宮治 

=仲入り=

『阿武松』宮治

記憶が薄ーくなっちゃってるので、全体の感想を。
やはり今回もめっちゃ楽しかった!
オープニングの小芝居とか、仲入りの小細工とか、
いつでも宮治さんはお客を楽しませようと一生懸命。

前回はNHK新人演芸大賞前、今回は受賞後ということで、
いろいろ裏話も聞けて面白かったな。
「反対俥」もそれに絡めたギャグ入れ込んでたし。
「阿武松」は宮治さんの新たな一面を見た感じ。
まだまだいっぱい引き出しを持ってる人なんですね。

あ、前座の竹のこさんも頑張ってました。
ちょっと長かったけど・・・^_^;

帰りに次回のチケットも購入。
この会は何をおいても毎回行きたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/7こしらの集い@お江戸日本橋亭

2012年12月08日 | 落語
年末恒例のリクエスト大会、ご贔屓感謝デーでもあった今回は、
真打昇進記念に特典付きのお土産をいただきました。
「宿屋の富」にちなんだ一分銀をかたどったストラップです。
しかもこれを持って次回の集いに行くと木戸銭無料!
集いに来てくれるお客さんには感謝してますとのこと。
僕が言うと全部嘘っぽく聞こえるみたいだけど本当ですってば!
と力説しておりましたよ。ありがたいですねぇ。



『慶安太平記』

前回アンケートで決まったこのネタ、お得意のwikiで調べたんでしょうか。
「僕らの七日間戦争」みたいなもんでしょ?ってまたざっくりした解釈(笑)
慶安太平記は通常部分的に口演しますが、それだと何のことかわからないから、
全部やっちゃおうと。でも全部やったら8時間かかるそうです。
ベースに慶安太平記、そこへ同じくリクエストのあったさまざまなネタ、
「柳田格之進」「甲府い」「文七元結」「子別れ」などのエッセンスを盛り込み、
ひとつの作品に仕上げてました。しかも流行りの男女逆転ですよ。
後半はまたどこかでやるそうです。後半も聴いてみたいなぁ。

=仲入り=

『さるかに合戦・侍編』

事情があって封印していたネタだそうですが、面白かったです。
ほかでは今後もやらないのかしら。なんかもったいないなぁ。


前日の真打披露パーティ裏話も面白かった!
談志の物真似が陳平センセイになってるし(笑)
昇進とともにさっそくまわりの度胆を抜いているようです。
スポンサーの名前がずらりと並んでる扇子なんて前代未聞ですよね。
こしらさん的には真打はゴールではなく目指すは人間国宝だそうです。
なんせ、こしらさんには平将門がついてるそうなので・・・^_^;
集いに行っていれば将門さまの怒りには触れないとか。
ということで、皆さんもぜひ集いに行きましょう♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11/28白鳥倶楽部@お江戸日本橋亭

2012年12月08日 | 落語
ずいぶん時間がたってしまいました。
ワザオギさん主催の会なのでCD化するわけです。
なので、ネタバレはできませんね。

『手紙無筆』柳亭市助

『はらぺこ奇談』三遊亭白鳥

CDには反映されない座布団アクションも
力いっぱいやってくれて大ウケでした。
登場人物はハチャメチャでギャグはくだらないのに、
どこかグリム童話のようなファンタジー風味がミソ。

=仲入り=

『萩の月の由来』白鳥

「ねずみ」をベースにした改作。
音源で聴いたことはあるけど生は初めて。
こちらも途中から某テーマパークと、
有名な童話の風味が加わっています。
さすがは童話絵本研究会出身。
萩の月、食べたくなってきたな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花になれ

2012年11月29日 | 日本の音楽
自分用に貼り付けておきます。
羽生結弦「花になれ」



こちらは指田郁也さんのMV
指田さん気になる・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加