きもの屋がきものを作っていますよー

東北は岩手県一関市で呉服屋を営む三代目。こつこつと友禅染めをしています。

千厩『匠の祭典』!

2016-10-18 14:24:24 | お店の紹介
皆さんこんにちは!

こちら岩手県一ノ関市の京呉服すがわらでございます。

東北にある小さな呉服屋ですが、店内の工房らくぜんで

きもの屋がきものを作っているんですよー


さてさて、行楽シーズンです。

巷では秋のイベントが目白押しですよ

そんな訳で今年も行って参りました、15日、16日と土日に開催された千厩『匠の祭典』です。

千厩町の両磐地域職業訓練センターと千厩農村環境改善センターで毎年行われる知る人ぞ知るイベントなんです。

訓練生の皆さんの作品の展示即売会や卓越技能者の作業実演販売、技術競技大会やコンサートや様々なショーイベントも会場のそこかしこで行われるという、非常にテンションの高い正に祭典です。

オープン前の会場広場

天気が良いです。

木工作品の展示販売コーナー

訓練生の皆さんが作られた神輿から家具から本棚、小物入れ、
踏み台やテーブル、つい立てや縁台、まな板やもう色々ですが、
流石に作りがしっかりしていて、材料も良くてどれもとっても安い!です!!

木工以外にも手作り箒、畳、板金、溶接金工製品色々、何しろお安い!です!!

木工体験コーナーもある!


うちの子供等も作りました!

大工さんが手取足取り教えてくれて
子供でも立派な踏み台が出来ます、500円です!


そんな会場の一部、卓越技能者の実演コーナーでは


提灯職人の方とか


岩谷堂箪笥の金具職人の方、傘職人の方、仏師の方や彫金、篆刻、ジュエリー職人の方等々、

凄い方々に混ぜてもらって恥ずかしながら私も実演してきました。


子供達は外のイベント広場でショベルカーでバケツのお菓子を取ったりとか


これも技術者の方が手取足取り指導してくれます

これは羨ましい、私もやりたかった。

他にもキーホルダー制作とか、様々な工作体験をして一日遊び倒したようでした。

こんな感じで今年も物凄い来場者数で大盛況でしたよ!

事後報告になってしまいましたが、来年は事前にお知らせしたいと思います。

凄く楽しいですよ!

来年はお客さんとして来たいなあ。


京呉服すがわらは東北の小さな呉服屋ですが、

着物が好きな方、楽しくお召しになりたい方のお手伝いを一生懸命しています。

「無いものは作る」がモットーですよ

気になった方はどうぞお気軽にお問合せ下さいねー。


京呉服すがわら ホームページ

http://kimono-sugawara.jp/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作品紹介『藤の名古屋帯』の... | トップ | お寺の晋山式に行って来ました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL