fangle WORLD'S LIFETIME FITTINGS, GOODS & ORIGINAL ARTICLES
奈良でアンティークの家具・雑貨、古道具、オリジナルの鉄ものを扱うfangle。
 





【お知らせ】
3/6<tue> ~ 3/17<sat> までの間、
fangle のショップ営業時間を 12:00~17:30 までとさせて頂きます。

ご来店の際は、下記のオープンカレンダーをご確認ください。
FEBRUARY+MARCH

OPEN : 1st+3rd Tuesday, Wednesday to Saturday
from 12:00~









再入荷しています。

ブライアン・エヴンソンの短編『ウィンドアイ』を柴田元幸さんが朗読。
haruka nakamura
AOKI, hayato
内田輝
の3人が音楽を奏でる。

朗読の声と、空間を象るこの3人の音楽が
紙・文字から、物語を解放したからこそ、
この物語が
自分の生きてきた道を回顧する人、誰もが抱える物語なのだ、と思えた。

『ウィンドアイ』との出会いが、このCDでよかった。
強烈な闇と閉じた空間を感じさせる物語に、本で、文字と一人対面していたら
この物語に入り込むことも、主人公の身になってみることも到底できなかった。

『ウィンドアイ』を読んだことがある人もない人も
4人の音によって息を吹き込まれた『ウィンドアイ』と出会ってほしい。

物語とこんな形で出会うのは初めての体験だったし、
CDという形だからこその体験。

素晴らしいCD!










西別府久幸 個展【火に巡り、土に宿る】が終了し、早1週間が経ちました。

店は通常の営業に戻っておりますが、
ユーカリやバンクシアの面影、火に巡る命は
fangleという土壌にも宿ったように感じています。

古物とのコラボレーション作品も然り、
fangleの空間と作品が意気投合していたのがとても喜ばしかった。
西別府さんのバランス感覚に魅了されました。

多すぎる火はすべてを焼き尽くしてしまうけれど、
自然界、そこに含まれる人間にも火はかけがえのない存在だ、と

自然物の営みは、その姿・形に表れていて、
確固たる個性があって、繋がる生命の為に生を全うしようとしている
自然物たちは本当に美しいな、と

西別府さんの作品を通じて、ひしと感じました。

展示に来てくださった皆さま、ありがとうございました。


special thanks to:
はいいろオオカミ 佐藤さん
大塚香作所
GREEN PEOPLE










展示も終盤です。

2/4(日)の最終日には、西別府さんが在店します。



展示期間中、一部作品は受注も承ります。
お客様にfangleの扱うフレームの中からお好みのものを選んで頂き、
『森のオトシモノ』等のフレーム作品も受注制作して下さるそうです。



小さきものたちが圧倒的な存在感を見せてくれる、西別府久幸の作品。
是非、対面しにfangleへ足をお運びください。










『星屑の標本』

『MINOMUSHI』

2/4(日)の最終日、
西別府久幸さんが在店してくださることになりました。
「火に巡り、土に宿る」スペシャルブーケを携えて。

人それぞれ感じる事は違うと思いますが、確実に何かしらを足跡を残してくれる作品たち。

花屋 西別府商店でも
西別府さんの作品をこんなに一同に見る事はできません。
『星屑の標本』や『森のオトシモノ』、受注制作可能なものもあります。
限られたこの機会、是非
西別府久幸 個展「火に巡り、土に宿る」をご覧にfangleへお越しください。







西別府久幸 個展『火に巡り、土に宿る』始まっています。



初日から多くのお客様にお越し頂き、
彼の代表的な作品や、fangleの道具とのコラボレーション作品に対面して頂いて嬉しい限りです。
今まで見過ごしていたような小さな存在が、
とても大きく見えるし、自分が小人になったように、
彼の作品の世界観にいつの間にかどっぷりと入り込んでしまいます。







27日のインスタレーションで完成した作品も展示しています。
陽の光の中、夕暮れ後の灯りの中、それぞれ違った表情の作品。

2月4日(日)の19:00まで、展示期間中無休ですので、
是非何度でも足を運んで頂きたいです。












西別府久幸 個展
【火に巡り、土に宿る】
1月27日(土)~2月4日(日)12:00~19:00 会期中無休
『森の精霊』

春に向け、
野山の枯れ草を焼く伝統的な風習からいきるすべを身につけた人間の様と
山火事を引き起こし、種を撒播し、生きるすべを身につけた植物<ユーカリ>は
どこか共通しているように思う。 西別府久幸

『森の信仰』



本展では、
ユーカリを筆頭に、花・実・種子を使った造形、植物標本、
fangleの古物を使った造形作品を展示販売致します。

   

オープニングイベントとして、
【西別府久幸によるインスタレーションと山焼き】を行います。
1月27日(土) 17:00~
charge 2,000円 (大塚香作所のスナック、ドリンク付き)
要予約/定員制
ご予約は、fu-ji@fangle.jp 又は 電話 0742-81-8537 まで。
fangle 奈良市高畑町1215-5
定員に達しましたのでご予約を締め切らせて頂きます。


『群生』シリーズ

…………………………
西別府久幸
東京・南青山にあるはいいろオオカミ+花屋 西別府商店
西別府商店 店主。
そこは、日本やロシアの古物を扱う「はいいろオオカミ」と花を扱う「西別府商店」が共存し、
古物と生花・植物たちが、それぞれを引き立て合っている。



















今年も yu kawai の紅白蝋燭が届きました。

河合悠さんの拠点である岐阜、林陽寺にてご祈祷して頂いている、
紅白の蝋燭。

-----------------
赤は古くから、文化や宗教を超えて、邪を払うものとして扱われてきました。
ヨーロッパでは、教会の蝋燭を収める箱の内側は赤に塗られているものもあります。
つまり赤は生命の内側の色、血や肉の赤。生命を司る色が赤だったのです。
そして火の色も赤です。
赤のイメージというものは、人が火を使い、
獲物の血肉から他者の生命を意識し始めた時から、宿っているのではないでしょうか。
宗教や文化ができるずっと前から、赤という色は生命に訴える強さを持っています。
邪気を払う赤と白の蝋燭、108本作りました。
yu kawai
-----------------

「一年を通じて、行く先を灯してくれるような 小さくとも確かな灯火になりますよう。」
という悠さんの想いが込められています。

昨年とも一色違った紅白の蝋燭。色々な赤。
「その時の気持ちが赤に出ている」と悠さん。
火を灯す度、違った赤、違った気持が現れることでしょう。








2018年 1月27日(土) 山焼きのあるその日から始まります。
西別府久幸  火に巡り、土に宿る

西別府久幸さんは、花屋 西別府商店の店主。
南青山にあるお店にはネイティブ・フラワーが主に置かれていて、
すてきなブーケやスワッグ、リース、お正月飾りも作るし、
ショップの活けこみ等もこなす花屋。
でも、そこには自然物を使った彼の作品はあまり並べられていません。

初めて作品を見たとき、
吸い込まれるように目が離せなかったし、刺激より強い衝撃を受けました。
今まで見てきた植物とかお花とかと、全く違う、
どちらかというと真逆のような、そんな存在感があって、
植物やお花の自然物としての驚異とか力強さがありました。

彼の自然物に対する世界観、
その観点を知っているのと知らないのと、見え方がきっと違う。
そして、人間も自然物のうち。

展示詳細はこちらから、-火に巡り、土に宿る-


【お知らせ】
年内は30日(土)まで。
年始は1月4日(木)から営業いたします。
ご来店の際は、オープンカレンダーをご確認ください。








   
 
    
 
【SHOP OPEN】
水曜~土曜、第1+3火曜 12:00-19:00
*11月29日(水)~12月7日(木)は18:00迄の営業となります。

お店にお越しの際は、下記のオープンカレンダーをご確認ください。
open calender NOVEMBER + DECEMBER

【お知らせ】
HPについて、諸々の不具合により、商品アップができない状況です。
しばらくの間、こちらのブログに商品画像をアップする予定ですが限りがあります。
詳細などはお問合せにて対応させて頂きます。
ご面倒をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。
 
【問い合わせ】
fu-ji@fangle.jp





« 前ページ