オタクなおばちゃんのひとりごと。。。

しょーもない雑談書いてます。
関西弁がめちゃくちゃです。
ひとりごとなのでコメントは受け付けていません。

違い

2017年07月14日 | 話のタネ
舟和の芋ようかんは東京の味。

同僚たちと浅草へ遊びに行った時にたくさんの人たちが買っているのを見てなんとなーく買ってみたのがきっかけ。
すっかり東京から離れてしまったからか、なんか、懐かしくなってね。
近所のスーパーで売られているのを見つけては買う。
関東に住んでいた頃はさつまいも系のおやつをよく食べたのもある。

あ、ここ関西でも『モスクワの味』があったらすぃ。
つい「何それ?」と聞いたところ、昔はよくCMで流れていたとか。

モスクワでよく食べるものかな?
ジモティーの人達は謎だと言う。

ちなみに。
大判焼きの甘太郎焼きをここ関西では御座候と言うらしい。
「甘太郎焼き!?何それ!?」
とびっくりされてしまったな。
( ̄▽ ̄;)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« かいしんの一滴が増産だよー | トップ | 子どもを産んだからって偉く... »

あわせて読む